Advanced Course

上級言語コーチ資格講座、スタート。


気候的にもカレンダー的にも、新年度っぽいことが何にもないやと思っていたけど、そういえばこれに申し込んでたんだった。
たまたま参加するのに都合の良い回を選んだら4月になっただけだけどね。

日本式の新学期のタイミングで、新しいクラスで、新しいクラスメートと、新しいことを学ぶ。
いいじゃない。

そりゃ緊張もするし、頭に浮かぶのはネガティブなことばっかりだけど、これはもうしょうがない。
そしてフタを開けてみればクラスメートはみんな親切で、講師Rはあいかわらず説明が上手で良く気が利いて、私を含む、みんなをうまく馴染ませてくれるし、講座はしっかり作りこんであってゴリゴリ学べる。
「あぁ、思い切って申し込んでよかった」と思わせてくれる。

いっっつも、このパターンなんだけどさ。
でもやっぱり始まるまでは悪い予想しかしないのよね。
きっとこれは、うちのワークショップやコーチングも同じ。
最初の一歩を踏み出すのには勇気がいる。
だから勇気を出して参加してくれた人たちには「あぁ、思い切って申し込んでよかった」と思ってもらえるようにしなくちゃね。

ひととおり簡単に自己紹介したところで「みなさん、何語をコーチしてるの?」と聞いてみた。
ついでに「話せる言語」も言いあおうということになった。
まぁ、出るわ出るわ。
さすがヨーロッパ人。
最後に「で、emiは?」となって、「日本語と英語だけ…お恥ずかしい」と言ったら、「いやいやいや!」と一斉に否定された。
さすがヨーロッパ人。

さっそく内容へ。
学習者の脳波について学ぶ。
思考や集中と関連するベータ波は大人の特権。
学習に必要だけど、ストレス状態とも関係が深い。
学習環境を整えて、学習者の脳をアルファ波の状態にしつつ、記憶の定着を図る。
なるほど。

Law of Associationとトラウマについて学ぶ。
母語訛りの発音をからかわれたことを気にして、学習に後ろ向きな学習者を例に考える。
経験と記憶と、感情と意識とが学習に与える影響、学習が新しい記憶に与える影響を学ぶ。
そしてケーススタディ。
気が散っている学習者、失敗を恐れている学習者、ネガティブなことばっかり言う学習者などをどう導くか。
「これ、私やん」と自己ツッコミしながら。

直感的、経験的に知っていることや、以前コースで習ったけど忘れていることを改めて学ぶ。
その学びの経験そのものも「あぁ、そうだった」と思い出してWireし直したり。
自分の脳が働いてるのがわかる。
いい感じ。

【関連記事】
コーチ研修-1 (2013/11/9)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です