ゆとり

最近のリスは落ち着いてるなぁ。

夕方、出かけた。
庭を通ってガレージへ向かう。
うちからガレージまでは徒歩2分弱。
その間に庭で見かけたリスの数、20匹ぐらい。
みなさん、お食事中。
秋ですなぁ。

で、さ。
食べるのに忙しいのはいいんだけどさ。
真横を通ってもぜんぜん逃げないって、どうなの。
手を伸ばしたら(伸ばさないけど)触れそうな距離で、カリカリカリカリ、超高速でひたすら食べてる。
緊張感ゼロ。
食べ物が豊富だから心にゆとりがあるのかしら。
ゆとり世代なのかしら。

こっちは靴音を鳴らして歩いてるんだし、私の存在に気づいてないとは言わせないよ。
いるのわかってて、無視してるでしょ。
絶対攻撃されないと思って、油断してるでしょ。

「キミらの親父さんたちの時代のリスはもっとピリピリしてて、こんなに近くまで人間を寄せたりしなかったもんじゃよ」と、テキトーなことを思う。
きっとリスも世代が変わって、カルチャーが変わったんだろう。

ちなみに、リスの寿命は全体で1-2年、大人になれたヤツらの寿命は4-6年ぐらいらしい(参照1 参照2)。
うーむ。
だとすると私がここに住み始めた頃のリスは、イマドキのリスたちのひいひい爺さんか、そのまた上ぐらいの世代ってことか。
そりゃカルチャーが違ってもしょうがないか。

ただし、「最近のリスは逃げない」という情報は見当たらなかった。
じゃ、新説ってことで。

「ゆとり」への3件のフィードバック

  1. イェール大学にいたリスたちに、ものすごいスピードで逃げられたのを思い出しました。笑

  2. 言われて見れば、そういうヤツらは”Old” Campusでよく見かけたかもしれません!笑

    ここで述べるのもアレですが、26日のワークショップ、楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です