宗教

日本人と宗教のこと。

現代日本人は宗教について考える機会が少ないが、だからと言って宗教心を持っていないとは言えないし、特に外国人の耳に入るような場で、「日本人は無宗教です」みたいなことを軽々しく言うのはやめてもらいたいなぁと思う、というのはこのブログに何度も書いたとおり。

私自身は神棚と仏壇が同居する家で育ち、英語や日本語を教えるという経験を通じてさまざまな宗教的背景を持つ人たちと知り合ったり、アメリカで初めて住んだ場所がレストランより教会の方が多いところだったためにごく自然にキリスト教のことを学ぶ機会を得たり、友人を通じて、イスラム教やロシア正教やユダヤ教の行事に混ぜてもらったり、神主の友人に伊勢を案内してもらったりしてきた。
“Japanese Buddhist”を名乗り、初詣には行かないが、年に一度くらいは神社に行くし、先祖のお墓参りもする。

宗教の話を殊更に嫌がる(or 怖がる)日本人が多いことも、日本人が宗教を語れないことを嘆く人がいるのも知っているが、私はそのどちらにも参加していない。
嫌がらず、怖がらず、きちんと知った方がいいし、繰り返すが、軽はずみに「無宗教」と言うのはやめた方がいいけど、宗教に“無頓着”な国民性を保つということは、ひょっとしたらものすごく使い道があるのではないかと思っている。

グローバルやらインターネットやら国際協力やらで、さすがの日本人もそろそろ宗教を無視することが難しくなってきている。
ここ数年、テレビが積極的に日本人の宗教観を紹介しており、その影響もあってか、宗教関連の本が在庫切れするほどよく売れている。
外国人の宗教についても勉強するようになっている。

勉強すれば、知識がつく。
しかし、日本人なら、その知識をあんまり使わないでおくことができるんじゃないかと期待している。
皆が、いわばアマチュア比較宗教学者のようになって、知ってはいるけど、特にどの宗教も支持していない、みたいなことが、日本という国では可能のような気がする。
そんな突飛な、斬新な動き、日本以外では考えにくい。

世界のほとんどのエリアでは、宗教が強大な力を発揮している。
だから、宗教について無知であることはまずい。
たまたまそういう場所に住んでいなくても「知りません」では通らない。
だが、世界広しといえど、宗教の力をきちんと知った上で、自身は特定の宗教に傾倒していない、という人は少ない。
もし、それが国のような大きな単位で実現できたら、悪いことは起きにくく、良いことが起きやすい方向へいくらか貢献できるのではないかと思う。

宗教の力を思いっきり体感している人たちには「宗教に無頓着」という意味が理解できないだろう。
知らないなら教えて、取り込もうと考える。
普通はそうなる。
でも、「知ってはいるけど、別に何とも思わない」という立場で、非難も批判もしない、とか、「信じるかどうかは置いといて」なんてサラッと言えちゃう、とか。
それって結構、グローバルと相性が良いと思う。

【関連記事】
“無宗教” (2014/10/7)
開運 (2006/6/28)
Playful Mind -1 (2008/10/2)
宗教 (2010/9/19)
Rosh Hashanah (2014/9/26)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です