夏の写真

夏の写真をはじめて撮った。

私は季節ごとに近所の写真を撮って歩く。
そういうことでも課さないと外へ出ないから、とか、過去にここに住み、今は遠く離れている友人たちに“地元”を懐かしんでもらいたい、とか、理由はいくつかあるが、まぁ趣味のない私が定期的にやる、数少ないイベントだ。

初雪が降れば、大雪が積もれば、枝先に芽がつけば、花が咲けば、芝が風に揺れれば、木の葉が色づけば、カメラを持ってお散歩に出る。
で、撮ったものをその日のうちにアルバムにまとめ、スライドショーをFacebookやメールで配信する。
これまでに30本以上作ってきた。

ところが夏のアルバムはひとつもなかった。
最初の5年ほど、毎年夏は日本へ帰国していて、“お散歩”の機会がなかったというのもあるが、私はとにかく暑いのが苦手なので、夏の日の昼間に自主的に出歩くということがまるでないのだ。

でもまぁ今年はアメリカにいるし、夏は今回で見納めかもしれないし、窓から覗く限り花や緑がきれいそうなので、なるべく涼しい日を選んで、思い切って“お散歩”を決行した。

つばの大きい帽子に長袖シャツ。
日焼け対策が堂々とできる日本と違い、ここでこの姿は相当アヤシイ。
空前の“話しかけられブーム”が到来しているにも関わらず、さすがに今日は誰も話しかけてこない。
これでマスクでもしてたら通報されるね。

色とりどりの花や、たわわに実ったリンゴが、強い日差しの中で輝き、生い茂る木々の濃い影とコントラストを見せる。
そうか、ベンチというのはちゃんと木陰になる場所に配置されてるんだね。
知らなかった。

部屋へ戻り、撮ってきた写真をチェックすると、やっぱり他の季節に比べて撮り方が雑。
暑さのあまり、とっととやっつけたい気持ちが表れちゃってる。

と、思ったのだが。
みなさんの反応は意外と好評。
「心が綺麗になったような気がする」とか、「心が洗われる」とか「美しい」とか、うれしいお言葉をいただいた。

あ、そう?
ならよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です