気持ち悪い英語

「気持ち悪い英語」の謎について。

今回の帰国中に考えたこと。
日本人の話す英語の中で、日本人が聞いたとき、「気持ち悪い」と感じるものがあるようだが、それについて研究している人はいるのかしら。

英語のカリスマという人が芸能人を相手に、あっという間にペラペラになれる方法を伝授していた。
その番組では8人8様の「日本人の英語」が披露されていたが、うち数種類を私は「気持ち悪い」と思った。

サラッと聞ける発音が気持ち悪くないのは当たり前だが、カタカナ丸出しも、意外と気持ち悪くない。
で、気持ち悪いのは一貫して気持ち悪い。
何が、どこが気持ち悪いのか考えながら聞いていたのだが、はっきりわからないまま番組は終わってしまった。

この気持ち悪い英語、そういえばアメリカでは聞かない。
気持ち悪い英語を話す人が私の周りにたまたまいないのか、アメリカへ来ると気持ち悪い要素が抜けるのか。

気持ち悪い英語を話している本人は、たぶん自分の英語を気持ち悪く感じていない。
でもそれを聞いた他人はたぶん共通して気持ち悪く感じる。
気持ち悪い英語の人同士で話した場合はどうなるのだろう。

英語以外の外国語にも気持ち悪いものはあるのだろうか。
日本人にとってある程度以上の馴染みがない言語では、おそらく気持ち悪さは発生しない。
では母国語である日本語ではどうだろう。

感覚の問題なので、気持ち悪く感じる感じ方にも個人差があるだろう。
聞き手の言語レベルも気持ち悪さに影響するのではないか。
たとえば(日本にはほぼいないけど)英語をまったく話せない人も「気持ち悪い」と感じることがあるのか。
それは英語が堪能な人の感じ方と一致するのだろうか。

番組ではネイティブが4人出演していて、日本人の英語についていいかげんな判定をしていたが、それはともかく、「気持ち悪い」という反応はなかったと思う。
実際、私の思う“気持ち悪い英語”は、それを話す人周辺ではネイティブらに受け入れられていて、受け入れられている以上、本人は修正の必要性を感じず、むしろ促進され強固なものになっているのだろう。
ひょっとして日本人の英語を気持ち悪く感じるのは日本人だけなんだろうか。
日本人にとっての気持ち悪い英語を、他の外国人、イギリスやアメリカのネイティブ、あるいは他のノンネイティブに聞かせたらどうなるだろうか。
また、たとえばご近所の韓国人が話す英語を日本人が聞いたとき、日本人の英語同様、“正しくない”箇所が目に付くようだが、あの気持ち悪さも感じられるのだろうか。

気持ち悪さと英語のレベルは関係するのだろうか。
気持ち悪い英語を話す人の中には、文法が得意で語彙は豊富、学習者としての意欲もあって、英語レベルとして総合評価の高い人がいそうな気がするが、どうだろう。

そもそも気持ち悪いと感じる原因は何だろう。
原因は発音と決め付けてしまってよいのだろうか。
これは私の個人的な印象でしかないが、気持ち悪い英語のうち、一部は発音矯正指導によって、気持ち悪くなくなるだろうと思う。
が、それですべては解決されないだろう。
気持ち悪い英語のいくつかは、音声学的に“正しく”発音されているような気がする。

仮に発音の問題に絞るとして、それはある特定の音の出し方、調音の問題なのだろうか。
だとすればそれはどの音の、どういうズレだろうか。
どこまでは許容されて、どこから許容されないのか。
原因が解明されれば、日本人の発音コンプレックス解消にも役立つかもしれないよ。
気持ち悪い発音の先生のせいで英語嫌いになる子とか、英語っぽい発音を同級生に気持ち悪く思われるのを避けて、教室でわざとカタカナ発音に変える中学生とか、助けてあげられるかも。

多くの人が共通して不快感を持つとすれば、黒板を引っかく音のように、その生理的な反応には何らかの意味があるかも。

論文が何本でも書けるね。

このあたりのトピックでネット上をざっくり見渡してみると、「気持ち悪い」という声は確かに上がっていて、みんなが何を「気持ち悪い」と感じるのか特定するのはそう難しくなさそう。
ところが英語教育は、いわゆる“正しい”発音になるよう矯正することばかりに注力していて、「気持ち悪さ」の正体を解明しようとはしてないみたい。
英語教育関係者は言語学寄りが多いのに、なぜここんとこ、放っておいてるんだろう。
研究テーマとしてはかなりおもしろいと思うよ。

あ、もしかすると英語教育をやっている人が、気持ち悪い英語について触れること自体がタブーなのかしら。
でもねぇ、気持ち悪いもんは気持ち悪いよねぇ。
一般の人が見過ごせないものを、プロが気づかないわけないじゃん。

ちなみに私は発音そのものの指導はしない。
発音がコミュニケーションの妨げになっている場合、(特定の音が繰り返し相手の誤解の元になっているような場合)に限り、その修正を促すことはするが、基本的には“正しく”発音することに重きを置いていない。
「ネイティブを目指さない」という方針は発音も例外ではないし、私の考える英語教育、英会話指導においては発音より大事なことが山ほどある。

というわけで私はやらないから、誰かやんな。

「気持ち悪い英語」への9件のフィードバック

  1. とても興味深いトピックです。

    確かにいますね。発音記号的にはとても正しい発音なのに、聞くとなぜか気持ち悪い人。
    いろいろな方面から考察したら、本が一冊書けそうです。

  2. 連続コメント、失礼します。
    私の気持ち悪い 「ツボ」 が、emi さんのそれと共通するかどうかわかりませんが、私の 「ツボ」 の一つは、"r" 周りです。
    とくに単語の途中の "r" の後の 3文字目ぐらいまで、不自然に口をつぼめて発音されると、私はかなり気持ち悪いです。
    単語途中の "r" って、ものすごく多いので、気持ち悪さが連続してしまいます。

  3. そうですね、予備実験で'r' 周辺を含む気持ち悪いらしき部分を抽出してサンプルを用意し、本実験で被験者にスイッチでも持たせて気持ち悪いところで押してもらい、あとは統計処理でも質的分析でもかければ何らかの結果は示せるかな、と思います。
    トピックも実験構想も丸ごと使っていただいて構わないので、ぜひ誰かにやってもらいたいです。

  4. 現在の地球は英米の世の中。相手は、’我々は何処から来たか。何者であるか。どこに行くか。’ を考えた上での提案をしてくる。ちょうど、インド人が、前世・現世・来世へと考えを移動させてゆくようなものである。日本語脳の脳裏では、過去の内容・現在の内容・未来の内容をそれぞれ独立の世界として展開させることが難しい。これらの命題は、英語の時制 (過去・現在・未来) に対応している。我々日本人にとっての眠りを覚ます上喜撰 (蒸気船) となる。日本人が、何の当てもなく、否定形を駆使して、消去法の一本槍で応戦していたのでは、彼らも取りつく島がない。我々は、彼らと考えを共有する友達にもなれない危険な状態を続けることになる。我が国は、世界の中にあって、世界に属さず。

    我々は、いつまでも無哲学・能天気ではいられない。我が国の伝統芸術の保護育成のために日本語に磨きをかける一方、有用な議論を盛んにするために、英語にも磨きをかける教育も必要である。さすれば、日本は、鬼に金棒の国になる。英文和訳の習熟は、この目的には役立たない。

    http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
    http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

  5. nogaさま
    いつもご苦労様です。エントリーと無関係のコピペについては今後非公開とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

  6. 具体的に何が気持ち悪いと感じられているのか記載されていないのが残念です(具体的に何と分かっていらっしゃらないのかもしれませんが)。

    日本の人が英語を話しているのを聞いて私が気持ち悪いと感じるのは、「schwa」が(喉の奥が開いた)「a」の音に置き換えられているところ、「l」が「r」に置き換えられているところ、「v」が「b」に置き換えられているところ、「f」が「hw」に置き換えられているところ、「message」、「image」等、英語を片仮名表記した言葉が日本語となってしまったが、片仮名表記の仕方が悪かった為、本来の英語の音からかなり遠い音になってしまい、英語を話す際にもその間違った音で発話するところ。。。です。

    片仮名表記された英語の言葉(日本語となってしまっているものを含む)は、気持ち悪くて仕方がないです。

    私は、日本語の会話の中で英語の言葉を使用しなければならない時、英語の言葉を英語の音のままで話します(極力避けるので滅多にないですが)。

    反応は人様々で、何と言ったか分からなくて聞き返す人、嫌そうな顔をする人、ただ驚くだけの人。。。等、います。

  7. 私は、以前、外国に住んで働いていたことがあり、血縁に外国籍の者がおり、現在、英語を使用する職業に就いていますが、英語を片仮名表記した言葉を好んで用いる「現代日本」には、全く共感出来ません。

    何故、漢字で書く日本の言葉を英語を片仮名表記した言葉に置き換えたいのか。。。?

    片仮名表記された英語の言葉で置き換えられてしまうことにより、元々の日本語の言葉の使用頻度が徐々に低くなり、元々の日本語がいずれ死語となってしまう可能性が高いです。

    この前、「ちらし」が「flyer」となっているのを見て、日本語はもう駄目なのでは?と思いました。

    日本語の言葉を英語を片仮名表記したものに置き換える分には問題ないが、英語の言葉をそのまま英語の音で発話するのはいけないと考える人には、心底、呆れます。

    私は、むしろ、英語を片仮名表記して使用するのをやめ、schwa、「l」。。。等の音を取り入れるべきだと思います。

  8. 以前、日本語に存在して今は存在しない音(yi、ye、wo等)もあれば、以前は日本語に存在しなかったが今存在する音(ti、tu、di、du等)もあること、また、音は少ないより多い方が良いこと(音楽と同じで、音が少な過ぎると言語も退屈なものになり、それが人々の精神に影響を及ぼします)を考えると、片仮名表記をやめ新しい音を取り入れる方が賢明だと思います。

    長くなってしまって申し訳ございません。

  9. 個人の感じ方はいろいろなので、音声学の専門家が科学的データを出してくれるのを待っています。
    コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です