Presidents Day

州によって祝い方がやや異なりますが、アメリカでは2月の第3月曜日は”Presidents Day”『大統領の日』という祝日です。『大統領の日』という名前ではあるのですが、実は現在では大統領とあまり関係がなくなっているのをご存知でしょうか。

もともとは”Washington’s Birthday”、つまりアメリカ合衆国初代大統領ジョージ・ワシントンの誕生日を祝う日でした。ジョージ・ワシントンの誕生日は2月22日。当然、最初は2月22日が祝日になっていました。

ところが1971年のUniform Monday Holiday Act(日本でいうハッピーマンデー制度)制定以降、この祝日は『2月の第3月曜日』になってしまいました。曜日は毎年動いていきますから、この祝日は毎年日付が変わることになります。

誕生日が毎年変わるっておかしいですよね。ちなみに日本の天皇誕生日はハッピーマンデーになっていません。こうして”Washington’s Birthday”は正式名称として残されてはいるものの、必ずしもワシントンの誕生日ではなくなったため、一般に”Presidents Day”と呼ばれるようになりました。

しかし「President=ワシントン」ではないし、彼の誕生日にちなんで”President’s Day”というのに抵抗を感じるアメリカ人もいます。同じく2月生まれのリンカーンと合わせて「”Presidents’ Day”だ」と主張する人もいます。通常のスペルはアポストロフィー無しの “Presidents Day”として、どちらの主張も刺激しないようになっています。

ところでこの”Presidents Day”、おかしなことにワシントンの誕生日にもリンカーンの誕生日にも絶対に当たらないようにできているのです。

ワシントンの誕生日は2月22日。リンカーンの誕生日は2月12日。カレンダーを見るとわかりますが、2月の第3月曜は年により2月15日から21日の間にしかなりません。惜しい(笑)。”Presidents Day”はどの大統領の誕生日にも当たらない日なのです。

アメリカ人にとって、大統領は非常に特別な存在です。ではありますが、きっちり誕生日にあたらなくてもあまり気にしないというのもまたアメリカ的です。”Presidents Day”はアメリカ文化をいろいろと考えさせられる日でもあります。

2011年2月21日のエントリーにヨソイキ加筆修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です