フェルメール展

ものはついでなので、豊田市美術館フェルメール展へ。

アメリカで「Nagoyaってのは日本のどこらへん?」と聞かれると、「東京と大阪の間です。Toyotaのホームタウンです」なんて説明したりするくせに、ちゃんと豊田市に来たことはなかった。
小学校の社会科見学とかで来た…かなぁ。
記憶がない。

うちから車で45分ほど。
急遽、母娘遠足を企画。
レンブラント展の半券で割引だし。

世界のトヨタ!というワクワクが強すぎたらしく、意外と普通ののどかな町でちょっと期待はずれ。
でも美術館とその周辺は素敵だった。

私は人でもモノでも、暗さのあるものが好き。
世の中的には、『底抜けに明るく、いつでも前向きで夢いっぱい!』が大人気…ってことになってるけど本当じゃない気がする。
芸術の世界に限らず、人が魅了されるのはやっぱり陰や憂いの部分だと思う。

美術館は思ったよりずっと混雑していた。
あとで、トヨタはいま木・金曜を休みにしていることを思い出した。
聞いてたのに。うっかりしてたなぁ。
意外と週末のほうが空いてたかもね。

美術館内のレストランでゆっくりランチを楽しんで、帰りは下道でのんびりドライブ。
いい遠足だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です