続・入試テロ

あーあ、逮捕しちゃったのか。
制度やメンツを守るのがそんなに大事かい。

入試問題漏洩事件は、教育機関であるところの大学が警察に頼って、力だけでねじ伏せて終わるらしい。

大学はアタマのいい人たちが、昔からの伝統を粛々と守り抜いて運営している限り、一点の曇りもなく、いっさいの間違いもなく、改善すべきところなどひとつもない完全無欠の存在なのだろう。
それを脅かそうとする者は悪以外の何者でもないから、さらし首にでも磔にでもするのが正しいのだろう。

若者を執拗に追い詰め、徹底的な制裁や報復をも厭わない。
それが日本の最高学府のあるべき姿なのだろう。

いろんなことが崩壊していくね。
「昔はよかった」と嘆いていてもしょうがないさ。
瓦礫のなかから生まれてくるもののことを考えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です