続・困り箱

ああああぁぁぁぁ忘れてた。
困り箱があったんだった。

ブログのどっかに書いたと思われる探しものをしていたら、昨年末にMさんにいただいた“困り箱”のエントリーを見つけた。

ししししまったぁぁ。

困り箱をいただいて数ヵ月後というものすごくいいタイミングで、あんなに見事に困ったのに。
絶好のチャンスだったのに。
困りすぎちゃって、困り箱のことを考える余裕がなかったんだと思う。
ぬぉぉぉぉ。

というわけで奥の方に大事にしまってあった困り箱を出してきた。
ずっと忘れていたくせに、手にすると急に中身が気になって開けたくなる。

でもなぁ
いま困ってないし。

前回ほどの困りっぷりは困るけど、どうせまた困るときは来るだろうしなぁ。
その時まで開けないでおくか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です