国産語

『スタッツ』はスポーツ用語で、『アジェンダ』は政治用語。

カタカナ語のことを言い出したらキリがない。
輸入も借用も今に始まったことではないし、ある程度はしょうがない。

でもさぁ。
まず最初は昔の人を見習って、ナイスな日本語を生み出すべく、がんばって翻訳してみようという姿勢を保とうよ。
元の語をじっくり咀嚼して、持てる日本語力を総動員して、なんとか日本語にできないか考えようよ。

それでもお手上げだったら、最後の手段として、泣く泣く、断腸の思いで“まんま”取り入れよう。
ただしその際は「日本ではこう使うけれど、必ずしも元の語の意味や使い方と一致しない」ということをはっきりと周知しよう。

ところが現実には、不気味なカタカナ語の氾濫を無抵抗で許している。
今まで日本語で通じていたものさえも、わざわざカタカナ語に変えたがる。
流行するとさらに意味がぼやける。
どういう意味かよく知らない語を得意げに使うのは、子どもなら微笑ましくていいけどね。

私は外来語に詳しくないので、あくまで個人的な印象だが、どうも外国語が日本語に入るとき、元の語の使える範囲をぐんと狭めて、特定の場面での使用に限るものが多いように思う。
だからミシンは縫い物専門で、ダイエットはやせるための努力で、コックやアーティストはプロのこと、…となるんじゃないかな。

最近登場してきたスタッツやアジェンダが日本語に入ってくるとすれば、やはり限定的な専門用語になるだろう。
もちろん、入らないに越したことはないけど。

こういう取り入れ方はもはや“借用”とはいえない。
“国産”の外来種として新しい分類を作るべきだろう。
語源とは完全に別のものとして扱い、日本語の中で独自の役割を与えるのだ。

語源と切り離して“国産”と割り切ることができれば、おかしな外国語コンプレックスも少しは落ち着くかもしれない。
たとえば日本語としてすわりの悪い音の語は、日本語らしくアレンジすればいい。
日本語なんだからオリジナルの意味を持っていて構わない。
“和製英語”と呼ばれている語などは、やっと収まりどころが見つかるわけだ。
また、“国産”のシールを貼っておけば、英語を使うときにうっかり混ざらないように気をつけやすくなる。

↑の段落を日本語として違和感なく読めるなら、国産語の意識はもうできあがっているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です