誰か

『誰かのため』なんてはりきってることは、ほぼもれなく自分のためで。

『誰かのため』と言いながら、『誰かのために尽くす自分』に酔いしれる。
欲やプライドが濃く香り立つ。
それでも、何もしないよりはずっといい、の、かな。
まぁね。

頭ではなんとなくわかるけど、いちど鼻についちゃったものをまっさらに戻して心から褒めるってのは、難しいよね。
感動できないしね。

同じことがなされていても、現れ方の美しさや好感度がずいぶん違う。
同じこと、なのに。

それでもやっぱり、何もしないよりはずっといいのか。
何もしないってのはよっぽどのワルなんだな。

『基本的に自分のためで、ついでに誰かのためにもなる』ぐらいがいちばん賢いのかな。
賢い必要もないんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。