ベタ褒め

言葉づかいに惚れこんで、ある歌手にハマっている。

私は音楽のことはさっぱりわからないし、日頃から言葉のことばっかり考えているので、歌というものを言葉の側から捉えてしまう。

どんな言葉が選ばれて、どう並べられて、音にのせることでどうなって、それがどう表現されるか。

世の中に良い歌はたくさんあるが、この人の書くものはすごい。
そして書いた本人が曲をつけ歌うことによって、言葉の魅力を余すことなくひきだしている。
誰も入れない。

彼女の詞をまとめて読んだが、いわゆるカッコいい歌詞や、説教くさい歌にありがちな、私にとって耳障りな部分が一切ない。

おそらくボキャブラリーがものすごく豊富なのだろう。
言葉選びが病的なほど丁寧で、それがなければ成立しないほどの複雑な構造が一曲分の詞にぎゅっと閉じ込められている。
少し泥臭いなと思うところもあるが、これだけの語彙力を持った人が探しに探してもこの表現にしか行き着かなかったという、言葉の限界が感じられて納得できる。

さらに見事なのは発音。
日本語にない音を日本語から外れないように使い、言葉を巧みに溶かして音楽に変えている。
真似して発音してみると、日本語母語話者の日本語と、英語母語話者の日本語の間の、かなりギリギリのところであるのがわかる。
この絶妙な発音をサビに効かせたりしているあたり、2言語間のあやうさを熟知して、音楽としての心地よさに昇華してしまうという知能犯的なテクニックと見た。

すごい。まいった。素晴らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。