束縛志向

決めてもらいたい願望、について。

たとえばふたりで何かを分けるとき、分けてもらう側に回りたい、というタイプの人がいる。
好きに分けてよいという条件で、自分が率先して分ければ分け前が多くなるとしても、だ。

あまりにも損が大きくなる場合には、分けた後で議論になることもあるけど、ひとまず分ける時点では相手に任せたい。

日本人に限ったことかどうかわからないが、そういう日本人には心当たりがある。

“ちょっぴり強引で包容力がある”は、日本女性の間で根強い人気の定番だが、最近は理想のカノジョにも当てはまりそうだ。
枠というか箱みたいなものを作ってもらって、その中で好きなように泳がせてもらえると最高。
“いい人”や“やさしいだけ”じゃダメなんだよねぇ。
まずは「こうするよ!」と宣言できないと。

極端な話、“海より広い自由”と“がんじがらめの規則”の2択なら、後者の方を快適と感じる人が多いのかもしれない。
言動が乱暴な占い師や説教くさい自己啓発本が売れるわけだよ。

「どこまでも羽ばたいて行っていいよ」なんて言われると途方に暮れて飛べなくなるけど、制限を与えられるとその中で可能なことを120%達成してみせる。
根付や食品サンプル、100円ショップの商品など、大きさや金額を決めてもらうと燃える。
技術を集結して素晴らしい作品を生む。

その反面、どこかから鶴の一声が聞こえてこないと、初めの一歩が踏み出せない。
日本でアメリカがやたらモテている理由もそこらへんにあるような気がする。
“ナンバーワン”なお友達の側にいると、内容はともかく動き出すことができるのでありがたい。
なにしろ得意技は工夫と改善なので、何もないところには腕を揮うチャンスがない。

さらに大げさに褒め称えられるより、内助の功、縁の下の力持ちとしてときどきくすぐってもらうと、うれしくてまた頑張っちゃう。
名誉は親分の総取りでも構わない。

近年はいいように使われている感もなきにしもあらずだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。