学期前

学期ごとに新しいことが起きてるから、しょうがないんだけどさ。

今回は学期前にやることが多い。
時差ボケを利用して、夜明け前から作業できるのはよいが、気がつくと丸一日パソコンの前にいる。

コミュニケーションのIndependent Study(自主研究?)を取るためにProposal (計画書)が要るというので、今日は朝からそれを書いて、P教授とメールやスカイプでやりとりをしていた。

Proposalを出すというのはつまり、今学期そのコースで何を勉強して、最終的に何を生むかを自分で決める、ということ。
決めることができる、というか、決めなくてはならない、というか。
ま、どっちでもいいか。

それと並行して、私が教えるSLA (第二言語習得)のクラスの準備。
Syllabus (講義要綱?)をちょこちょこ手直ししたり、提出課題のサンプルを作ったり。
SecretaryやComputer Labに連絡して、事務的なことを確認したり。

学生としてシラバスを受け取ると、スケジュールの日付や教科書のページなど、初歩的なミスがよくあるなぁと思うけど、自分で作ってみると私も例外でないことがわかる。
点検するたびに間違いを発見する。

補助的にオンラインの教室を使うので、Blackboardのホームページも作っている。
凝りだすとキリがないのでなるべく簡素にしているつもりだが、それでも結構な時間がかかる。
論文のファイルをアップしていたら、ひとつ読みにくそうなのがあって、スキャンし直した方がよい気がしてきた。

学生生活にまだ慣れていない頃、一学期がどう流れて終わっていくのかわからず、暗闇を手探りで進むような気持ちだった。
それはそれで不安だし大変だったけど、始まる前から学期全体を見通して、何が起きるか詳細に予測するというのも、また別のチャレンジだなぁと思う。

さて、どうなることやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。