ファン

昔めちゃめちゃ好きだった人を久しぶりに見た。

確かに年はとったけど、あいかわらずのいい声で、みんなに愛されて、周りに気を配って、丁寧に強く生きているようだった。

「変わらないなぁ」と思ったはしゃぎっぷりも、世の中的には“意外”らしくて意外だった。

本気でふざけられるのはクソマジメならでは。
怖いところへわざわざ向かっていくのも、今なら少し理由がわかる。

性別とか国境とか種別とか区別とか、あらゆる垣根が全然いらないところが大好きだったんだということも、今更ながらよくわかる。

周りが止めても、予感を頼りに突っ走っていって、ともだち作って帰ってくる。
私はまだそこまで追いつけないなぁ。

抜群に柔軟で頑として譲らない。
かっこいいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。