ライブラリー作り

久しぶりの脳作業。

EndNoteを使ってライブラリーを作る計画。
学期が終わったらすぐに取りかかろうと思っていたのに、後回し、後回しで。
弱いなぁ。

で、ようやく着手してみたら、もんのすっごい時間を要することが判明。
手間がかかるのは覚悟していたが、想像をはるかに超える面倒くささ。
これがL教授の言っていた「大変だけど投資だと思って」か。
うげー。

要するに読んだ論文をデータベース化するということ。
これが完成すれば今までに使った論文がさっと探せて、引用もちゃちゃっとできて参考文献もしゅっとまとまり、しかも他のパソコンからもアクセスできるようになる。
夢のようだ。

しかし夢がかなうまでには長くて険しい道のりが。
私の書くようなへなちょこペーパーでも、1本あたり20ぐらい引用している。
修士から数えて5学期が過ぎている。
ふゎー。

最初は自分のコメントも含め、一点一点じっくりやっていこうと意気込んでいたが、スタートしてすぐにそれは断念した。
ていうか無理無理無理。マジ無理。超無理。

とりあえずキーワードや要約のコピー程度にとどめ、中身には触れず、機械的に文献情報だけ打ち込んでいる。
それでも1時間約10-15本ペースでしか片づかない。
んにゃー。

結構マメで気も長いほうだけど、これはダメだ。
図書館司書とか絶対なれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。