異種混合

最近になってようやく、“理系と文系が混在する学部は少ない”という事実に気づいた。

私の所属は教育。
PhDに来てからというもの、周りに理系の方が多い。
クラスメートに理科・数学な人がいるのは、高3で“私立文系”に配属されて以来、ありえなかったことだ。
教授もなぜか理系出身の人ばかり。

州の要求する学位とか、理系における修士レベルの価値とか、いろいろが違うらしい。

とにかく、見渡す限り“担当科目:XX語”だった頃に比べ、圧倒的に居心地が悪い理由のひとつはこれかもしれない。
修士時代の友達や、今TESOLにいる実習生たちと話すと、格段に気がラク。

似てないもの同士は刺激しあう。
わかるけど、わかるんだけど、ちょっと刺激が強すぎて、つい「まろやかな場はいいなぁ」って思っちゃうのだよ。

そのくせ人間のことを深く考えたいから、“言語一色”より“教育”の方が勉強になることも知っている。

そういえばTESOLの学会に行ったとき、人種や世代や立場はいろいろでも、やっぱり“お仲間”な雰囲気を感じた。
PhDの人も何人かいたが、言語学・応用言語学・外国語などばかりで、教育の学生には会えなかった。

異種混合戦に挑める場は貴重ということか。
ふむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。