はじめて絵を買った。

アートのことなんて何にもわからないが、なんとなく好きだなぁと思って、もう何年か経ってしまっていた。

“タイミング”とか“巡り合わせ”をやたら信じる性質なので、今がその時という気がした。

購入にあたり描いたご本人から、絵にまつわるエピソードを聞かせてもらった。
人間をよく見ている人だろうとは思っていたけど、期待以上の素敵なお話だった。

そして「絵のバックグラウンドはともかく、この絵が飾られたら作品はemiさんのもの、自分なりのストーリーを描いてもらえたら嬉しいです」という言葉も、生みの親としての愛情が感じられてとてもよかった。

こうしてウチの子になった絵を連れて、額と金具とトンカチを買いに行った。
真っ白のだだっ広い壁に、アクセントができた。

これからよろしくね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です