Argument

ケンカ体質について書いてから約2年。
…変わったかも。

今日起きたことはきっかけに過ぎない。
これまでもっと大きな問題を見逃してやったり許したりできたのに。
口論とは不思議なものだ。

もう堪忍袋がパツパツだったのだろう。
あと2週間、持たせることができなかった。

これで劇的に事態が好転するとは思わない。
教育する立場ではないし監督の義務もない。
理解してくれるという期待もない。
でも言わずにはいられなかった。

たまたまオフィスに居合わせたNとVには、気まずい思いをさせて悪かったと思う。
でもそれ以外に後悔は何ひとつない。

気持ちがぐしゃぐしゃになって一晩はとてもしんどかったけれど、朝になって振り返ってみても、言い過ぎたことも、言い足りなかったこともない。
感情的になりすぎることもなく、むしろ冷静に伝えることができたと思う。

それにしてもものすごいエネルギー消費。
やっぱりあまり向いてはなさそうだ。

「Argument」への1件のフィードバック

  1. <追記
    Hに"You are becoming a bit more American now."と言われました。
    そうじゃあないんだけどなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です