美容院

出国ギリギリまで粘る予定だったけど、急に行きたくなってしまったので美容院へ。

私は新しい美容院に行くのが好き。
今回もクーポンマガジンをじっくり読み、行ったことのない美容室に予約を入れた。

電話の時点でかなり好印象。
駐車場の案内が上手だった。

担当になったHさんは20代中ごろの女性。
まず現在の髪の状態をチェック。
髪が強いのをいいことに調子に乗りすぎ、いまや毛先が不健康なのは素人目にも明らか。
髪の繊維質がパーマを繰り返すことでどんどん破壊され、タンパク質が流れ出しているという説明は興味深かった。
スタイルについても、図に描いて理論的に説明してくれ、私がぼんやり伝えるイメージに対してすぐに自作のスクラップファイルで見本を示してくれた。

私はほとんどしゃべらない客なので、その辺をわきまえてくれるのがありがたい。
雑誌もしつこく勧められない。
ガムを噛んでいたら、「出したくなったらおっしゃってください」と言われた。
ひざ掛けや蓋つきカップなど、気配りが細やかでさりげない。

店内はさっぱりとしていて、客同士の接触は極力少なくしてある。
2席に1台ぐらいの割合でテレビモニターが設置され、映画が流れている。
自分の担当でなくてもスタッフが必要に応じて客に声をかけているのは、職場としていい関係が築けている表れだろう。

客層は男子高校生もいれば、ブロンドの外国人もいた。
おばちゃん方とはかなり長いお付き合いらしく、差し入れを持ってくる姿も。
決して交通アクセスの良い立地ではないので、ご近所さんが多いのだろう。
値段もリーズナブルだし。

マッサージやスタイリングなど、今後も維持できるようにアドバイスをしてくれる。
“教室の外の満足感”を目標にしている私と共通のものを感じた。

行きつけの美容室になるかもしれない。

「美容院」への2件のフィードバック

  1. 僕は生まれたときから通ってる近所の床屋に今も行ってますよ。もう22年目なので店長への義理人情もあってか今更変えづらいんですよね~。
    席に着いたら暗黙の了解で髪を切り始めるほどです(笑)

  2. >Fumiaki
    うん、たぶんずっと同じお店に行く人の方が多いと思う。
    メンバーズカードも増えないしきっと便利だよね。

Fumiaki にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です