うっすら

雪の季節が始まった。

朝からずっと氷点下。
キーンと冷えた空気。
風が加わると刃物的な鋭さで、体感温度はさらに低くなる。
つい先日まで暖かかったので、油断して防寒が甘くなっていた。
フード付コートとマフラーだけでは太刀打ちできない。

車はうっすら白く覆われ、芝生は粉砂糖をまぶしたようになっている。
毎朝芝刈り機の音に起こされていたのが、ずいぶん前に感じられる。

昼頃には解けてしまうあたり、まだまだ赤ちゃんだ。
私が留守をする間に、雪の季節はどんどん図々しくなって、茶色の塊になっても堂々と何日も居座るのだ。

冬好きだからいいんだけどね。

何とかシティのイルミネーションに滑り込もうと計画中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です