Super Bloom

Death Valley(死の谷)は今、花に覆われているらしい(参照1 参照2)。


通常は砂漠状態のこの地に、およそ10年に一度、一斉に花が咲く。
そのための条件には日光や風もあるが(参照)なんといっても必須なのはまとまった雨。

Death Valleyの年間降水量は平均0-2インチ(51ミリ)だという。
ところが去年の10月、Stormに見舞われ、5時間で一挙に2.7インチ(59ミリ)という大雨が降り、洪水にまでなった(参照1 参照2)。

それから4ヶ月あまり。
満を持して、って感じだね。

前回このSuper bloom が起きたのは2005年。
Ken Robinson はそれを教育にたとえたんだったよね(参照)。

教育におけるリーダーシップの役割は、表面下に眠る可能性の種がちゃんと花開くように、環境を整えてあげること。

ふむ。

【関連記事】
教育の未来 (2013/5/28)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です