お騒がせ

“お騒がせ”後の対応の、日米文化比較。


先月末、我が街で起きたある“事件”が意外な結末を迎えた。
人種問題に警察に大統領選挙まで絡んで全国的な大ニュースになっている。
「Racial Hoax」あたりのキーワードで検索すれば、各メディアによる報道がいくらでも見つかる。

まぁ、それはそれとして。
私の興味はこの事態を受けての学長の声明。

学長は“事件”当日、出張先から急遽地元へ戻り、翌日、最初の声明を発表。
「diversity and inclusion(多様性とそれを受け入れること)」という大学のポリシーを軸に、自身の経験を交えて見解を表明した。
偶然にもMartin Luther King Jr. 祝賀イベントとタイミングが重なり、人種や暴力について改めて考えよう、という展開になった。

その後も警察と連携し、新しい情報を交えて学長が声明を出す、というのが2度。
大学全体としては「Race, Diversity and Inclusion」をテーマに学長を交えた大規模な対話集会も催された。

…からの、大どんでん返し。

これ、日本だったら、エライ人が3人並んで「お騒がせして大変申し訳ありませんでした」と深々とお辞儀して見せる場面だろう。
テレビ画面に「フラッシュの点滅にご注意ください」って出る、アレね。
学長は号泣してもおかしくないのかもしれない。
なにはともあれ、とにもかくにも、謝りたおすでしょう。
そういえば日本には「謝罪師」っていう職業があるとかないとか(参照)。

さて、ここはアメリカ。
どうすっかね。
“事件”の結末を受けて学長が出した最終声明の構成を追ってみよう。
まずは事の顛末について。
「あの件について、こういう結果になりました。」
コミュニティ内の感情について。
「みなさんも、私も、関わった人すべて、大変でしたね。」
続いて、自分の出した声明についての振り返り。
この部分は1つ1つが丁寧。
「最初から一貫してこう主張してきました。」
「こう明言しましたし、こうも言いました。」
それに対する釈明。
「“事件”当日に声明を出したことに意義がある。」
「情報が限られていた。」
「我が校の学生を信じていた。」
「声明は学生を思う気持ちに基づいていた。」
そして、現状。
「警察の捜査は終了、あとは司法に委ねます。」
「多様性を認め、受け入れるという基本原則は変わりません。」
最後は賞賛。
「厳しい時期を乗り越えたこのコミュニティを誇りに思います。」

大きなテーブルを取材陣と一緒に囲んで、
学長はこれを淡々と話した。

うむ。
これがこの国の、こういう場面での典型だろう。
当然ながら、謝罪の言葉は1つもない。
学長は涙を浮かべたりもしない。

超念のため、いちおう書いておくが、「アメリカ人は謝らない」というのは都市伝説。
謝りますよ、普通に。
謝罪が必要な場面で謝らない人ってのは、まぁどこの国でもいないわけじゃないだろうし、アメリカに特に多いってことはないでしょ。
ただ、この場面で学長が謝るというのは、アメリカの感覚では受け入れにくいと思う。

それぞれの文化には、それぞれに合ったやり方がある。
どっちが良いとか悪いとかでも、優劣でもない。
それぞれのやり方を、それぞれがやればいい。

が、“国際”や“外交”や“グローバル”な文脈では「それぞれでどうぞ」というわけにはいかない場面が多々ある。
たとえば今回のこの件で、学長が日本文化風に「申ぉっし訳ございませんでしたぁぁっっ」みたいなことをやって、アメリカの聴衆をぽかんとさせるようなことも起こり得る。
逆に、このままの声明を日本の聴衆に向けて出せば「謝らないとは何事か!」と怒る人が現れるだろう。

ま、だからどうだってこともないんだけどさ。
英語ができるぐらいですべてが丸く収まるほど、異文化交流は甘くないってことかしらね。

【関連記事】
Toyota Hearing (2010/2/27)
おぉぉ、同じ日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です