上級英語学習者

日本の上級英語学習者について、思うところをチラリと、やんわりと。


当たり前だけど、日本国内にも、英語を日常的に使い、複雑な業務をこなし、さらなる高みを目指して学習を続けている日本人はたくさんいる。
このあたりはルイトモなので、英語を使わない人の周りにはあんまりいないんだけど、いるところにはゴッソリいる。

英語が使える人の周りには「もうとっくに上手なのに、ものすごく熱心に勉強を続けている」と感じられる英語学習者が結構いる。
その多くは英語圏での生活経験があり、外国の大学で学位なんかも取ってたりして、文法も発音も語彙も、できることはすべてやって、やったことはちゃんと身になっていて、“英語ペラペラ”以上のことを日々こなしていて、それでもまだ成長を望む。

ありとあらゆる学校や教材を試した彼らが「他に何をどうすりゃいいって言うんだ」となったときに、ある種、駆け込み寺のようにして相談に来てくれる。
ものすごくありがたいことだと思う。

彼らを通じて、上級者が日本で英語学習を続ける難しさを垣間見、垣間見たことをつなぎあわせて想像する。
以下、ごく限られた情報からでっち上げたバイアスだらけの感想。

日本で英語学習を続ける場合、特に指導という面で、彼らに合ったサービスを提供できる場は非常に少ない。
ほとんどの英語学校では、彼らの英語力は、最初に対応する受付の担当者はもちろん、日本人講師の多くが測定できないほど高いところにある。
なので、とりあえずその学校で最高レベルのクラスに入っても、適切な指導には至らず、「なんだかなぁ」ということになりやすい。
「じゃ、ネイティブ講師へどうぞ」となったところで、多くのネイティブ講師は彼らの置かれている状況が把握できず、学習者の求めに応えられない。

こうした事情から、彼らは上級者のみを対象に、入学時に足切り制度を設けた講座などに集まりやすい。
しかし、ここでも指導という点で「なんだかなぁ」となることが多い。
中には講師の英語力、指導力、知識、技術などに対する不満をはっきりと具体的に挙げる人もいる。
彼らの英語力、学習意欲はそれほどに高い。
観察や分析も鋭い。
“お目が高い”学習者たちなのである。

そんな彼らが、完全に満足とは言えなくても続けている学習の代表格は3つ。
「TOEIC満点」と「有名スピーチの完コピ」と「通訳・翻訳者式のトレーニング」。
それらが果たして自分の目的に合っているのかはわからないが、他に見当たらないし、やればそれなりに伸びることもあるので、彼らはとりあえずそれを続ける。
でもやっぱり何かが違う気がしてモヤモヤする。
やる気も動機もリソースもたっぷりあるのに、なんとなく不完全燃焼な感じがする。

まぁ、そりゃそうだろうな、と思う。
英語屋さんにとって、この手の客はやりにくい。
商売のためと考えるなら、手段としては、重箱の隅を突いて足りないところを大きめに見せ、「まだまだ、できてないところだらけ」で学習動機を保たせ、短期集中の有無を言わせぬスパルタで達成感を確保して、終わったらバイバイ、というのがよさそうな気がする。

でもさぁ。
それじゃあ愛がないよね。
それは教育じゃない。
そもそも個性や意思や達成度が多様な成人の上級者に対して、紋切り型の指導を施すということ自体、現実的でないように私には見える。
運営側にとって都合がいいのはわかるけどね。

ま、基本的には需要と供給がマッチしてさえいれば問題ないので、それぞれの方針や考え方はいろいろあって構わない。
何をどうしようと、自由。

ただ私が「なんだかなぁ」と思うのは、彼らのような学習者に対して、もっと誠実に、本当に彼らのためを思って学習をサポートしてくれる場所はないもんかね、というところ。
そりゃ上級者を集めて誠実に指導するとなれば、カリキュラムを作るのも、教材を選ぶのも、実際にクラスを運営できる人材をそろえるのも、難しいと思うよ。
だからってさ。
“ウチの子”たちを振り回さないでほしい。

彼らは切羽詰ってるんだよ。
楽しく海外旅行ができればいい人たちとは違うんだよ。
彼らの真剣さに、もう少し真剣に応じてあげてもいいんじゃないかしら。
ヘンにはぐらかしたり煙に巻いたりするぐらいなら「私の力では、あなたを伸ばすことはできません」と告白してくれたほうが、よっぽど学習者のためになる。

ま、そうはいってもお商売はお商売だし、消費者側も、ないよりはあった方がありがたいのかもしれない。
何にせよ、学習というものに無駄はないのだし。
学習者の方が賢く利用する、ということなのかしら。
うーん。

あんまり振り回されないようにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です