「ネーム」

漫画つながりで。
「ネーム」って、何?

友人が近々、漫画になるらしい。
それで、「まだネームしかないけど」と、制作段階のものをチラッと見せてもらった。

その専門用語を聞いて意味がわかったことに我ながら感心した。
漫画家を目指していた中学生のころ以来、聞いたことはなかったと思うけど。

で、疑問。
「ネーム」って、何?

ネットで見る限り、辞書には「出版物の写真や図版につける簡単な説明文。」(参照1 参照2)とある。
ふむ。
で、これが漫画の、あの工程に使われるようになった、と。
出版業界用語辞典には「さし絵や口絵などに添えられた説明文。また、マンガの吹き出しのせりふのこと。」(参照)とある。

だとすると、私の知る限り、この定義は一般的に使われている「ネーム」とちょっと違う。
「ネーム」はセリフもだけど、それだけじゃなくて、コマ割りとかざっくりした絵も含んでいるはず。

それはともかく。
で、なんで「ネーム」?

結論から言うと、迷宮入り。
同じ疑問を持つ人がいるということだけがわかった(参照1 参照2 参照3)。

とりあえず見た目のわりに、英語の”name”とは関係がなさそう。
では、英語では「ネーム」をなんて言うのか。

「漫画の描き方紹介ビデオで”jot (down) an idea”と言ってた」(参照)、「rough sketch」(参照1)、「Name(たぶん意図としては”Neemu”)」(参照2)など情報にバラつきがあるが、おそらく英語話者にいちばん伝わりやすいのは「rough layout」(参照)だろうな。

そして日本語ではネームに関わる動作を、「切る」というらしい。
「ネームを切る」かぁ。
専門用語っぽさ全開だね。
英語で漫画の話をする人たちは大変だなぁ。

ただ、その話題に関係するのは芸術家たちだから、きっと言語なんて超越しちゃってるんだろうね。
この場合、日本人の方が“ネイティブ”扱いで、やや強い立場にいるわけだし。
「カット・ザ・ネーム、あ、ソーリー、ネイム、ネイム。
カッティング・ザ・ネイム。」とかで問題なく通じてそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です