“簡単”

教える側の人が「簡単だよ」と言うことについて。

たとえば料理のレシピを見ると、タイトルに「簡単」が付いているものが山ほどある。
英語学習のプログラムや教材にも「簡単」を冠したものがたくさんある。

これらの「簡単」に対する私の理解は「注目を集めるための売り文句、以上。」で、それ以上について考えたことがなかった。
「簡単」と付けておけば人々の興味を引き、クリック数なり申込者数なり売り上げなりが上がる。
そういうマーケティング的な目的のためだけに「簡単」はあるのだと思っていた。

つまり「簡単」は客寄せのための飾りであって、「難しくない、易しい、単純」という意味ではない、ということ。
もっと言えば、「簡単」はウソだということ。
だから私は「簡単」に対して警戒するし、「簡単」を連呼する人を信用しない。

だってさ、「簡単」なわけないじゃん。
「簡単」を引っさげて売りに来る人に対して、私はいつも「簡単かどうかはこっちが決めるよ」と思う。
そりゃあなたにとっては簡単だろうけど、それはあなたがそのことが得意で、何度も成功していて、慣れていて、他の人に紹介できるほどよく理解してるからだよ。
こっちはそれをいま初めて聞いて、これから初めてやるんだから、同じレベルで「簡単」と思うわけがないじゃん。

そういえば、私は自分が教える側になったとき、「簡単」を付けて何かを紹介するということはない気がする。
さらによく考えてみると、私は自分が知っていることのうち「簡単」だと思っていることなど、一つもないような気がする。
たとえば英語や日本語や学習の仕方などはもちろんのこと、レシピ、自転車の乗り方、タイピングの仕方などにしたって、どれも決して「簡単」なことではない。
自分で「簡単」と思っていないのに、それをイチから教わろうとする人に対して「簡単だよ」と言うわけがない。
繰り返すけど、その「簡単」はウソだしね。

…だったんだけど。
今週のPhDなMOOC で、ちょっと考え方が変わった。

今週のテーマは「Confusion(混乱、不明瞭、戸惑い)」。
できれば避けて通りたいと思われがちなConfusionは、実はそれがなければ学びが始まらない、ということで、Confusion と仲良くしましょう、というのが大筋の流れ。
その一方で、Confusion を招く原因を学び、よく知っていることほど説明が難しいということを体験するため、受講生それぞれが、慣れ親しんでいて考えなくてもできるようなことを、あえて初心者にわかりやすく説明する、という課題が出た。

皆が提出した「How-to」は、たとえば、「Macromedia Flash の書き方」などマニアックなものから、「友達のつくり方」「ストレス解消の方法」など身近な話題、「Tailgate(駐車場で開くパーティー)のやり方」や「時間を無駄に過ごす方法」「先生にえこひいきされるには」など、ジョークっぽいものまで多岐にわたった。
文字ばかりでなく、図や写真やビデオを使ったものも多かった。

中でもおもしろかったのは、「How to click your fingers (指パッチンのやり方)」。
投稿者は子どもの頃、指パッチンの得意な兄に憧れて教えてもらったが、やり方を聞いても、お手本を見ても、まったくできるようにならなかった。
が、わからないなりに練習しているうち、ある日突然できるようになり、いったんできたら、それ以降はずっとできるようになった。
そして、「指パッチンができる人」として改めてやり方を書いてみると、いかに説明が難しく、不十分で、できるようになるためには学習者側のIntuition(直感)に頼る部分が大いにあると気づいた。
また、やり方を知っている自分が利き手でない左手を使って、自分の「How-to」に沿ってやってみても指は鳴らなかったらしい。
教えたり学んだりする人にとって、非常に示唆に富む内容だと思う。

そして投稿者はこう言う。
It’s very tempting to say ‘it’s easy’ but very hard to explain why it then takes so long to get it right.
(「簡単だよ」とつい言いたくなるが、じゃあなぜできるようになるまでそんなに時間がかかるのかと問われると、説明がつかない。)

ふむ。
「つい言いたくなる」のか。
だとすると、ひょっとして「簡単だよ」と言う人たちは、ただ売り文句でそう言っているのではなくて、本気でそう思っているのかも?
「簡単」だと言えるのは実際それがどれほど複雑で、自分以外の人にとって、あるいは実は自分にとっても、簡単でないということを理解していないだけなのかも?

そうかぁ。
だとすると「簡単=ウソ」はちょっと言いすぎだったな。
ごめんよ。
そう思い込んでるんなら、しょうがないね。

でもこれでますます「簡単」は信用ならないことがわかったよね。
「簡単」は、もし悪意や売り気がなくても、そう言っている人の勘違いか、理解不足か、独りよがりか、早とちりか、そのあたりのものなんだよな。

世界広しといえど、「簡単」なものなんて、そうそうないんだよ。
少なくとも私はまだ見たことありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です