センター試験 2015

今年も、センター試験・英語だけ。
【過去のセンター試験話はこちら

どうしても1問は間違えちゃうね。
今回は問41でひっかかっちゃった。

算数や数字が絡む問題は、センター試験でおなじみ。
筆記にもリスニングにも、数字がちょいちょい出てくる。
この問41を間違えた理由は「算数キタ!」と思いすぎて、「$32×3」を慎重に5回ぐらい計算して、「よし、$100以下」と喜んで回答したのがいけなかった。
本当のポイントは「No Fireworks」で、数字とは関係なかったのね。
とほほ。

全体としては、特におもしろいことはなし。
途中で飽きちゃったなぁ。
センターで飽きてるようでは、もう絶対TOEIC なんて持たないね。
このへんは、まぁ年齢的な集中力の衰えでしょう。

第2問C は新しいタイプの出題。
何を選ばされるのか、理解するのにちょっと時間がかかった。
で、この出題方法にどんな意味があるのか、まだ理解できない。
受験生が間違えやすい熟語を1文にまとめて、どこで引っかかってもアウトになるように仕組むとこうなるってことかなぁ。

「ホッチキス」とか「秋田犬」の話は、まぁ大人は知ってる人も多いだろうけど、受験生には初耳かもね。
試験中に「へぇ」と思って、帰ってから調べるぐらいの心の余裕があるといいよね。

全体として、以前より、日本に住んでいる、または日本を訪問中というような「来日した外国人」との接触を想定している感じが強い。
このあたりはオリンピック絡みですかね。

このくらいの問題で、受験生の平均点は筆記が60%、リスニングが65%ぐらいになるのかな。
中学や高校で英語を教える先生方の平均点はどのくらいだろ。

センター試験廃止は決まりなんだよね(参照)。
あと4回かぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です