景色

この季節の、晴れた日の、夕方。

広い空が上から下へ向かって、青からオレンジの淡いグラデーションをつくっている。
地上近くには大きな刷毛でシャッと描いたような白い薄雲。

すっかり葉の落ちた木々のシルエットはまるで切り絵のよう。
その向こうには細い三日月がすぅっと尖って傾いている。

やがて青は濃さを増し、オレンジは消えていく。
月はよりくっきりと存在感を示す。
切り絵の黒い枝は、あいかわらず堂々としている。

いつまでもこうして見ていたいけど、もうすぐ日は完全に沈んでホリデーライトが主役に躍り出る。
終わりが近いと知っているから美しいのだと思う。

私はいつか、この景色をなつかしく思い出し、もう一度見たいと望むだろう。
胸がいっぱいになる。

和歌でも詠めたらいいのにな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です