寡欲

欲が多いことを良いとは思わない。(参照
では、欲は少なければ少ないほど良いか。

心を成長させるのには、欲望を少なくするのが最上の方法である。
欲望の少ない人で、良心のない人はわずかである。
欲望の多い人で、良心のある人はわずかである。
―孟子(参照

「少欲知足」(参照

足るを知る者は富む
―老子(参照

He who is not satisfied with a little, is satisfied with nothing.
― Epicurus (参照

多欲の人は利を求むること多きが故に苦悩もまた多し
少欲の人は求め無く欲なければ則ち此の患いなし
―釈迦(参照

…ふむ。
なんだか錚々たる顔ぶれだね。
こんなすごい人たちを相手に楯突くつもりはないけど。
でも、そうなの?

「恬淡寡欲」って、現代語でいうところの「草食系」だよね?
解説(参照)には「不満」「いらだち」「憂う」なんて言葉が並んでるよ?

まぁこれは欲というよりやる気や貢献度の話か。
それに、たとえ周りからの評判が悪くても、本人たちの自己評価や満足度としては悪くないのか。

イヤ、でもさ。
欲が、それも自分への直接的な利を求める欲が少ないというのは、一般に理解されにくい。
やたら持ち上げられたり、その一方で警戒されたり、ありもしない企みを暴こうとされたりして面倒くさい。
「偽善」「バカにしてる」「嘘だ」などと言われて、傷つくこともあるんだよ?

まぁ誤解は付き物だから、しょうがないけどさ。
何の因果か、いろんなお鉢が回って来る私みたいな人は、欲が少ないと不都合よ?
金銭欲でも名誉欲でも自己顕示欲でも、もうちょっとあったら、ラクに楽しくこなせること、たくさんあるよ?
欲があれば、怒りも自信も持てそうじゃない?

じゃあ欲がほしいかと言われると、まぁそんな欲もないんだけどさ。

確かに欲が少なくて助かることはある。
幸せを感じやすいとも思う。
でも、なさすぎて困ることだって、あるんじゃないのかなぁ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です