オールイングリッシュ

英語を教える際に学習者の母語を使うことについて。

コーチ研修でクラスメートになったポーランド在住、ポーランド人のI、ハンガリー在住、ハンガリー人のZ、コスタリカ在住、コスタリカ人のMは、各国で英語を外国語として教えている。
彼らの英語はいずれもほぼネイティブレベルだが、授業で母語を使うのは当たり前のことだと言う。
いずれも生徒のほとんどが母国人なので、共通言語としてお互いの母語を使わない手はない。

言語コーチングの第一人者Rは、ドイツ在住イギリス人で英語母語話者だが、スペイン語、イタリア語を話し、ドイツ語とフランス語は習得中、さらにカタロニア語、アラビア語、ロシア語の基礎知識がある。
できるだけ自分の生徒の母語を知っておきたいという考えだ。

昨日はアメリカ在住アメリカ人でESLを教えるKとLに会った。
生徒の母語がバラバラという環境では、英語を教えるのに使える言語が英語しかない。
「この子の母語を私が知っていたら」と思うことがたびたびあると言う。
Kは最近、生徒全員がスペイン語母語話者というクラスを受け持ち、自身もスペイン語ができるので、スペイン語で英語を教えているが、「やりたいことが、即座にできる気持ちよさ」を痛感しているようだった。

第二言語(例:日本人にとっての英語)を教えるときに、学習者の第一言語を使うことにはさまざまな効果がある。
文法や語彙を学習者の母語で説明したり、母語の特徴との対比で第二言語を教えることにより、学習者の中ですでに蓄積されている母語の知識と新たにインプットされた第二言語の知識が結合し、情報がきちんと整理され、しっかり定着するのだ。

私はアメリカで、英語で日本語を教えたり、いろんな国の人が一緒になるESLで英語を教えたり、アメリカの大学院生を相手に実習や理論を教えたことがあるので、日本人に英語を教えるときにも英語を使うことはできる。
でもやんない。
絶対やんない。
だって、バカバカしいじゃん。

私が日本人を相手に英語を教えるにあたって、どうしてお互いの母語を封印しなくちゃいけないの?
授業という時間的な制約のある場で、その日に学習するアジェンダやカリキュラムがある中で、どうしてそんな非効率なことをしなくちゃならないの?
教える側に学習者の学習を促進する気があるなら、学習者が吸収しやすいように余計な情報はできるだけ省いて、学習項目だけを簡潔にぎゅっとまとめて、しっかり伝えるのが仕事じゃないの?

いわゆる目標言語の“シャワー”を浴びることに利点がないとは思わない。
でもそれは授業や教室という枠の外でやること。
教育の場では、正規品の種を蒔き、きちんと管理をし、いちばん大事な軸/幹/背骨をしっかり育てる。
限られた時間内ではそれ以上のことをやる余裕はないはず。

英語で英語を教えることにも利点はある。
でもそれは日本の学校教育レベルの英語では無理だよ。
奇しくも文科省は「高校卒業時に英検準2~2級」を目標にしてたけど、とりあえず全員がそのくらいになってからならアリかもしれない。
上に挙げた私の友人たちは、全員、英語で英語を教えることが問題なくできる人たち。
その人たちが、英語で英語を教えることよりも、できるだけ学習者の母語を取り入れることを目指し努力しているというのに、日本の英語教育はオールイングリッシュを目指しているらしいよね。
先生たちの反応は、「別に構わないけど、意味がないなぁ」じゃなくて、「そりゃ大変だ。自分の英語で大丈夫かな?」なんだってね。
その状態で教壇に立ったら、迷惑するのは生徒でしょう?
一部の英語が得意な先生は、教壇で流暢な英語を話す自分に酔いしれて、生徒がポカンとしててもドン引きしてても、お構いなしになっちゃったりするんじゃないの?

英語教育が専門でない人のために、いちおう言っておくと、「オールイングリッシュ」は日本語だよ。
こういうカタカナ語を平気で使える言語感覚で“オールイングリッシュ”をやろうって言われても、苦笑いせざるを得ない。
日本人の英語のこと、ちょっとは真面目に考えてよね。

“オールイングリッシュ” への 4 件のフィードバック

  1. タイトルを見た時は、"Ol' English" かなと。
    「オールイングリッシュ」 という言葉は、初めて知りました。英語教育の現場で使われているとは、びっくりです。

  2. 「本当にある怖い話」ですよね。笑。

    文科省は「オールイングリッシュ」という用語を使っていませんが、学校レベルの取り組みや“有識者”の意見の中で使われている場合はそのまま紹介しています。また、たとえば学習指導要領を見ると、概念としても「オール」の規定はしていないことがわかります。つまり、いざとなったら文科省はハシゴを外せるようになっています。これもまた、「怖い話」です。

  3. Norikoさん

    熱いメッセージをありがとうございます。このブログはあくまでも自分用に書きためているだけのものですが、私以外の方にも楽しんでいただけているのであれば大変うれしいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。