Love

愛について。

年下の友人が、「子どもとか動物とか、愛情を注ぐ対象がほしい」と言った。
愛情に飢え、自分に愛情を注いでくれる人を求めて彷徨っている人が多い中、なんて健全な欲求だろうかと思った。

愛情は注ぐ対象がいると深くなっていく。
注げば注ぐほど、愛すれば愛するほど、自分でも驚くほどの愛情が湧き出す。
その対象がいなければ、溢れるほどの愛を経験することはできない。
そのことを、彼女はもう知っているのかなと思った。

“The love you have for your children is like no other feeling in the world. And until you have children, you don’t know what it’s like.” (参照

自分の子を持って初めて、人は本当の愛を知る。
それは多くの人にとって真実である反面、例外もたくさんある。

愛情をもらいたくて、もらえなくて、もらった愛情を実感することができなくて、常に愛情に飢えているような状態でも、人は親になることがある。
子を持てば自動的に愛を知ることができるような気がして、すがるようにして子を持ったにも関わらず、あいかわらず愛情飢餓状態から抜け出せなくて、満たされないまま、絶望や迷いの淵に陥る人もいる。

一方で、その対象と出会う前から、愛を与えようと待ち構えている人もいる。
将来、その人が子を持つとは限らない。
たとえ子を持つことがなくても、その人の愛は枯れない。
対象が現れ次第、そこに愛を注ぐだけ。

「愛というのは西洋の概念なので、日本人は持ち合わせないんだ」と言う人もいる。
「無条件の愛なんて、宗教でしかない」と言う人もいる。
「胡散臭い」「バカバカしい」と言う人もいる。
求めても得られなければ、信じないでおく。
愛の存在を否定することで自らの身を守っているのだろう。
臆病で気の毒だとは思うけど、責めることはできない。

愛を信じ、受け取り、与えられるようになるためには、いくつかのステップがある。
たっぷりと愛情をもらう経験をすること。
愛情を注ぐ対象を得ること。
愛情を積極的に実感すること。
そのために勇気を出し、行動すること。
子を持って親になると、これらが一時にクリアされることが多いが、上述のとおり、子を持つことは必要条件でも十分条件でもない。

そして運よく場が整い、堂々と遠慮なく愛を注いでいると、人は自分が”so much better” になり”so much kinder” になり、自分の人生が”so much more purposeful” になっているのに気づく。
自分の注いだ愛のおかげで、自分は幸せなのだと気づく。

うん、だから「愛は祈りのようだね」なんだね。
久しぶりに、iichikoのDVDを観よう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です