Christmas

(ほぼ)初めてのアメリカでのChristmasを目前に戸惑うばかり。

アメリカに住んで12月を迎えるのはこれで8回目。
でも、考えてみたらいつも帰国してしまっていて、Christmasにアメリカにいたことは今までなかった。

過去にこの時期をアメリカで過ごしたのは観光客時代のこと。
とはいえ、お世話になったおうちがユダヤ系だったので、Christmasはしなかった。
あとは日本のクリスマスしか知らない。
要するに私はちゃんとChristmasをお祝いしたことがないのだ。

例年ThanksgivingからChristmasまでの間はアメリカにいるので、いちおうHoliday Seasonのことはわかっているつもりでいたが、イヤイヤ、この直前の雰囲気はまた違うもんなんだね。
年末のHolidays(参照)のうち、Hanukkahは先週末で終わり、いよいよChristmasムードが高まってきた。

お店は駐車場もレジも混雑。
道路はどこへ行っても渋滞。
ガソリン価格はこの時期、人工的にちょっと下げてあると聞いた。
交通量が多いから事故も多発して、幹線道路がすぐ詰まる。

みんな私のように不在だったわけではなく、ひと月も前からHoliday Shoppingしているくせにまだ買うものがあるのかしらと思うんだけど、あるらしい。
ほとんどの家でTreeは飾り済みのはずだけど、まだあちこちに”Fresh Cut”という看板が出ていて、実際、切りたての木を積んで運んでいる車を見かけるし、お店で飾りを選んでいる人たちもまだいる。
電飾を買っている人たちは、いざ付けてみたら切れていた、とかなのかな。

これでも昨今の不況でGift Exchangeはうんと減っているという。
バブル期の様子をちゃんと見ておけばよかった。

いずれにしてもギリギリまでこんな感じなのね。
これなら1月になってもChristmasの名残ありまくりなのも納得。
のんびり始まって、のんびり終わる。
世界には10月から年賀状のCMをガンガン流して、何ヶ月も前からデートの計画をして予約をして、洋風のお祭りをやりつつ和風の準備も着々として、日付が12/26になると同時にささっと取り替える(参照)、なんて、バタバタ忙しい国もあるんだよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です