Framework

Theoretical Framework。
早い話、お手本ってことだと思うんだけど。

どっかの誰かがやったことを読んで、共感したり感銘を受けたりして、「私もコレで行こう!」となると、いろいろと都合がいいらしい。

前例に倣って、そっくりそのまま忠実に再現するというのは、シロートが思うよりずっと高度な技術を要する。
Replication(複製)だって立派な作品だ。
別の言い方をすれば、新人のアイディアなどアテにされていないということでもある。
前例がないということは、価値がない可能性が高い、と。

つまり新しい研究とは、ほぼもれなく古い研究の上塗りなのだ。
研究の第一歩は、すでにある研究にどんな手垢がついているか、調べまくること。
そのうえで手垢の色やかたちを変えてみたり、手垢の薄いところや取れかけを探してみたり、手垢の上から同じ手垢をつけたり。
“科学の進歩”とはそういうことらしい。

ひょうきん族→ごっつ→めちゃイケ→はねトび、みたいなことかしら。
“進歩”って…高が知れてるね。

さて。
私はこういうのが苦手。
案の定“お手本”が見つけられない。

「あると都合がよい」というからには、なくても構わないだろうと、しばらく探してもいなかったのだけど、「あった方がいいんじゃない」「探し方が悪いんじゃないの」「ないはずないと思うけどねぇ」などと、近頃あんまりうるさく言われるので、これはひとつくらい持っておいた方が静かに暮らせるなと思うようになった。

また、私の説明が下手なせいか、伝わらない人にはどうしても伝わらないので、面倒くさくなってきたのもある。
「XXのパクリです」と言えば説明が省ける。

そもそもお手本を後から探すという時点で正攻法じゃないのだけど、まぁそこはナイショにしておいて、初めからあったことにしちゃいましょう。

しかし、難しい。
「強いて言えばこれ…かなぁ」ぐらいのが2-3個。
どれもいまいち決め手に欠ける。
せっかく出だしイイ線いってても、読み進むうちに少しずつ離れていったり、近いところにいるのに、角度みたいなのがズレていたりして、ぴったり来るのが見つからない。
これじゃバチッと効かないよ。

もしそっくりさんが現れたら、私がやるまでもないので、すぐに撤退できたかもしれないのに。
逆に誰にも注目されていないとわかったら、たぶん無駄か不可能なんだから、私もやめとこう、となったのに。

微妙にかすりつつ、あんまり似ていないという、中ゅーぅ途半端なことになりそうだ。
ぶー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です