IRB

Institutional Review Board。
ほほぉ、和名は『倫理委員会』か。

「IRBは外国が絡むと嫌がる」という理由で、私のProtocol(計画書)は月例会議に回されるだろう、という予想だった。
次の会議に間に合わせるには、10/30の締切までに提出しなければならない。

「スムーズに通すために、事前に下書きを見せておいた方がいい」というP教授やF教授のアドバイスを受け、今日はChair(会長)との面談。
下書きをプリントし付箋をつけて、質問事項をまとめておいた。

今朝になって会長に急用ができ、「面談の時間を早めてほしい」とメールが来たが、今日の私は明け方近くまでペーパーを書いていて、さらに午後の授業+夜の発表の準備で脳が空中分解しそうな状態だったので変更することができなかった。
緊急対応としてこちらから下書きを送り、それを会長が見て、他のスタッフに伝言を残しておいてもらうことになった。

内容としては特に問題はなく、担当になったBに質問をすべて答えてもらい、書き直すところを指摘してもらった。
expedited review(簡易審査)で大丈夫と聞き、ひと安心。
それなら来週の発表とペーパーを先に片づけられる。

IRBは教授たちの間であんまり評判がよくない。
まぁ面倒くさいのは間違いないけど、「研究者の邪魔をする」「バカな質問ばっかりする」「同じことを何度も聞いてくる」とか言って、うちの師匠なんて完全に敵視している。
学生の中には“関所=ザ・権威”と思って、ビビり気味の人も。
来週IRBの面談に行くFには「どうだった?怖かった?」と聞かれた。

実際にはとても親切で、いざ研究に入ってから困らないようにあれこれ心配してくれているように思った。
きちんと手続きを踏みさえすればむしろ味方。

なので私からFへの助言はただ一つ、「オフィスの場所を確認しておくこと」。
わかりにくいという自覚はあるらしく、建物内に『IRBはコチラ』的な紙がいくつか貼ってあるんだけど、それをたどっていってもぐるぐる回っちゃうだけなんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です