Blackout

昨夜9:18pmから約18時間にわたる、停電の記録。

Wed, Feb 6
8:35pm 授業終わり。
凍りついた道をツルツル滑りながら帰宅。
パソコンが起動する間に着替えをし、プリントしてきた論文の仕分けをしていた。

9:18pm
携帯が充電器から外れた時に鳴るピコという音と共に、突然照明が消えた。
パソコン画面だけが光っている。
部屋のスイッチを入/切してみるが手ごたえなし。

携帯をライト代わりにして廊下に出ると、完ッ璧な暗闇。
管理事務所に電話。
時間外のオペレータはいつものように、名前・スペル・住所・電話番号を伝えないと用件を聞いてくれない。

ただいつもと違ったのは、「停電です。廊下も全部明かりが消えてます。外から見る限り他の部屋も真っ暗です。」と言ったら、さすがに「ワァオ」と返ってきたこと。
またすぐマニュアルに戻り、「担当から折り返し電話をします」と言われたけど。
私の部屋だけの問題じゃないので、電話はかかってこない気がした。

さて、と。どうすっか。
こういうときパニくらないのが私の特徴だなぁと、この状況下にしみじみ思う。
とりあえずブラインドを開ける。
外灯の明かりがいくらか入って真っ暗度が下がった。

ベッド脇に常備してある懐中電灯を見つけ、念のため予備の電池を用意。
趣味用のキャンドルも灯して最低限の明かりを確保。
しかしこれではとても明日の予習はできない。
管理オフィスなら非常灯でもついてるかなと思い、読み物と携帯を持って暗黒の廊下をおそるおそる通って行ってみるも、そんなごじゃれた設備はついていなかった。

10:15pm
電話はかかってこない。
これはすぐには復旧しないと見た。
パソコンは開いているがネットワーク接続ができないので、充電を持たせるためにも電源を落とす。
今日中にどうしてもTに連絡する必要があり、電話でHさんに代理を頼んだ。

ヒーターは余熱でまだほんのり暖かいが、おそらくこのままでは冷えてくる。
懐中電灯の明かりで洗顔と歯磨きをし、夕食は断念して寝ることにした。
なにしろネットもダメ、読みもダメではすることもないし。
こんなことでもないと学期中に早寝なんてしないし。

Thurs, Feb 7
3:00am
やはり冷えてきた。
暖房が強すぎるからと先日かたづけたばかりのふとんをクローゼットから出してきて包まって寝る。

それにしても静か。
冷蔵庫も暖房のポンプも止まってるんだもんなぁ。
階上からいつも聞こえる扇風機の振動音もない。
人の気配すらない。
「シーン」って極太で書いてある感じ。

6:30am
遠くでメンテナンスのおじさんの声がする。
大型の車がやってきてなにやら作業が始まった。
外は曇天でブラインドを開けてもあまり明るくならない。

8:30am
顔を洗いに行くとお湯が出ない。
ガスコンロは着火しないだけでガスは出ているので、キャンドル用のチャッカマンで火をつけてお湯を沸かす。
お鍋にたっぷり2杯沸かして洗顔とお茶に使い、残りは湯たんぽに入れて暖をとる。

まもなく雪がざくざく降ってきた。
この寒さを利用しない手はないので、冷凍・冷蔵モノを外へ出す。

なんとか文字が読める明るさになったので、授業の予習をする。

早めにキャンパスに行くことも考えたが、10時間もキャンパスにいたことがないので、どうしていいかわからない。
授業に臨む頃には疲れてしまいそうだ。
しかもこの雪の中、車をガレージから出してキャンパスの屋根のない駐車場に置いておけば、授業後、雪かきは免れない。
というわけで時間まで自宅待機を選択。

11:30am
お昼ごはんも無事にできた。
オール電化じゃなくてよかったなぁ。
こんなことでもないと出番がなかった日本経由ドイツ生まれの湯たんぽも大活躍。

3:05pm
もう暗くなってきて読めないし、授業の前にプリントするものもあるし、オフィスでメールチェックもしたいので、少し早いが出かけることにした。
今日も復旧しなかった場合に備え、オフィスの電力を拝借して携帯を充電してこようと、充電器をバッグに入れる。
廊下と階段を歩くには懐中電灯も持って行かなくては。

靴を履く直前なんとなくスイッチを入れると、なんと部屋の照明がついた。
ドアの覗き穴から廊下の明かりが見える。
おじさんたち、ありがとう!!
キッチンに行くとオーブンの時計が9:18で点滅している。
ならばパソコンも。プリンタも。
うれしくて部屋中の明かりをつけてみる。
冷蔵庫が冷えるのを待って外に置いた食料を入れる。
そんなことをしていたら授業に少し遅れてしまった。

暖房・照明・パソコン・冷蔵庫・ドライヤー・電気ポット・レンジ・トースター・炊飯器etc.etc.
みんないつもどおり働いてくれている。
ありがたいなぁ。
でもまた喉元すぎると忘れちゃうんだよ。
ごめんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です