訃報

なんと悲しいニュースだろう。

ひとつの命を守ろうとして、別の命が消えてしまった。
私自身は“運命”らしきものに流されるまま、それをよしとしているが、自分以外のこととなると受け入れ難い。

どうしてこの方やその家族に、こんなに辛い結果が与えられるのか。
何故この方はその女性と、最悪のタイミングで出会わなければいけなかったのか。

ニュースに子どもたちがよく登場している。
子どもはこういう“迷いのない行動”を本当によく見抜くと思う。

親や先生が迷いを見せると、子どもは不安になり、たび重なると心が離れていく。
間違えたら訂正すればいいし、「大人も迷うんだよ」と迷わず教えてやればいい。
そういう瞬発力はとても大事。

意味がないはずがない。
それにしても悲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です