アウトレット

バーモント州のManchester Designer Outletsへ。

サンクスギビングの翌日は”Black Friday”といって、みんな買物にでかける日。

ニューヨーク州には国内最大規模のWoodbury Commonがある。
御殿場と同系列のチェルシーで、シティからオプショナルツアーで来る観光客も大勢もいるらしい。
日本語サイトもある。

ここからはウッドベリーもマンチェスターもほぼ同じ距離で、車で1時間半ほど。
同居人Eとその友達Sは夏にウッドベリーに行き、広すぎて疲れてしまったと言う。
ならば消費税も低く歩いて回れる適度な大きさのバーモントに行こうということになった。

よくあるアウトレットと違い、「あれ?もうここがそう?」って感じで、いつのまにか到着している。
それぞれ一軒ずつ店を構えていて、“村”ができている。

特に買いたいものがあるわけではないが、自然にテンションが上がってワクワクする。
好きなお店が駐車場の近くにあったので、とりあえず覗く。
今日からセールで、アウトレット価格のさらに40%オフ。
適当に見繕って試着室待ちの長蛇の列に並ぶ。
以下、省略。

その後、アメリカを代表するバッグ屋へ。
こちらは25%オフ。
狭い店内がごった返している。
以下、省略。

Eたちと合流し、荷物をトランクに入れて、遅めのランチ。
「もう何も買わないぞ」と誓い、カメラを手にお散歩。
高級ガラス屋に寄り、目の保養。
あたりはとっぷり暮れて、薄い三日月がちょこんと現れた。

山あいの“村”は、日が落ちると途端に寒くなる。
待ち合わせまでまだたっぷり時間があるので、座れそうな靴屋で暖を取る。
以下、省略。

「ああ、これじゃあ”Red Friday”だよ…」と、空を仰ぐとそこには満天の星。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です