再入国

無事、帰宅。

予定どおり10:40空港に到着。
ノースウエストのチェックインカウンターでは、私の前に並んでいた若い女性が、留学生にとって最重要書類のI20を置いてきたとかで、他人事ながら心配になった。

カフェではウエイターの兄ちゃんが究極の無愛想で笑ってしまった。

話題の手荷物検査では、目薬は目の前でさすように指示され、マスカラは没収された。
歯磨き粉もNGなので、一回分だけ歯ブラシにつけておいて正解だった。
チェックインした荷物がひっかかり呼び出しをくらった。
何事かと思ったが原因は洗剤で、現物を見せただけで解決。

機内で隣になったMさんはアマチュアDJで、“デトロイトテクノ”や“シカゴハウス”を楽しむため、初海外のひとり旅。
常に持ち歩いているというCDコレクションの中から2枚を選んで聴かせてくれた。

入国審査で指紋をとるときに、「指が乾いてるね」と言われた。
12時間も飛行機にいたからね、と言うと、「そんなに長いのか。映画か何か観てた?」と聞く。
ほとんど寝てたからどれも断片的にしか観ていない。
あ、でも“おさるのジョージ(Curious George)”やってたよ、と言うと、大笑いし始めた。
隣のブースにも、”Hey! They play goddamned Curious George!”とおすそわけしていたくらいだ。

1月のときのようにまた税関で荷物を開けられたらいやだなぁと思っていたが、今回はあっけないほど簡単にパス。
遅れもなく15時すぎアルバニーに到着。
SとAが待っていてくれた。

とても眠かったがここで寝てしまうと時差ぼけループにはまるので、あえて部屋の片づけや掃除をして、ごはんを食べて同居人Eとおしゃべりして、実家とスカイプ(祝・開通!)でテレビ電話して、22時消灯。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です