誇張

“大げさ傾向”について思うところ。

たとえばケーキを選ぶ程度でも、「うわ~悩む~」と言う。
“迷って”いるだけなのに。

涙が出ることを“号泣”と言ったり。
ちょっとウケると“爆笑”と言ったり。

“超”というのはもはや古典のようなものだ。
“激…”や“バカ…”という強調表現もある。

なんだろう。
刺激が足りないのだろうか?
何故か“マイ七味”を持ち歩く人を連想させる。

一方で“フツーに”というのは肯定的に遣われている。
普通とはなんぞや。

「誇張」への2件のフィードバック

  1. 以前バイトしていた写真館で、『私は感動が少ないから、人間らしくするためにオーバーアクションをしている』と言っていた人がいました。
    人それぞれなので肯定も否定もしなかったけど。
    10年以上前に言われた言葉ですが、未だに良く理解ができず忘れられません。
    この記事を読んでいて、その人を思い出しました…

  2. >あやもん。
    不思議なポリシーだねぇ。
    でも『感動=人間らしさ』という着眼点は正しいような気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です