同居人

深夜にリビングでひとり勉強していたら、Aがやってきた。
眠れないらしい。

卒業まであと2ヶ月のAは、今学期1クラスしか取っていない。
このたった1クラスが手ごわいらしく、今日は全然発言できなかったと言って凹んでいた。

韓国人小学生の通訳ボランティアを始めてから、「子どもの方が英語が上手」と言って、凹みがちだった。

私もK州ではまったことがある。
英語のふたが開かなくなってしまうのだ。

Aの悩みは英語だけの問題じゃなく、“自分の意見がない”ということらしい。
「emiはいつも意見がある。どうしたらそうなれる?」と言う。
ふむ。

たぶんAはアメリカ好きで、私はそうじゃないからだよ、と言ってみた。

30分ほど話したらちょっと気が晴れたらしく、「ハーブティでも入れようか?」と言うのも断って、部屋に戻っていった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です