バレンタインデー

同居人Rに、「“カップル・ウォッチング”しに行こうよ!」と誘われた。

日本ではクリスマスの方がその傾向が強いけど、クリスマス=家族の日。
バレンタインデー=最高にカップルな日。

テレビのテロップとか広告に、“ジェニファーへ。結婚してください”というメッセージが流れたり、キャンパス内も“アシュリー愛してるよ!”みたいな自作のビラがあちこちに貼ってある。

さて、Rとその仲間たち(アメリカ人5人)+私(日本人)の計6人でOlive Gardenへ。
混んでるのは覚悟で来たけど80分待ち。
あとで聞いたがニュースでも、「今日はどこのレストランも満員」と言っていたそうだ。

店内および待っている人々は、やはり老いも若きもカップルだらけ。
(“ウォッチング”はもちろんシャレなので、実際にジロジロ見たりはしませんよ。念のため)

実際には100分ぐらい待ってテーブルに着いた。
奥に入ったらダブルデートとか、女どうしのテーブルもちらほら。
それにしてもすごい混雑。
私たちは特に恋愛論を語るでもなく、普通に食べてしゃべって笑って、とても楽しかった。

帰宅後、同居人Aに聞いたが、日本文化の流入が激しいとはいえ、韓国バレンタイン事情は微妙に違うらしい。

2/14に女子が片思いの彼にコクったり、3/14を“ホワイトデー”と呼ぶのは共通。
ただし義理チョコや倍返しの習慣はなし。
4/14は“ブラックデー”で、ひとり身の男どうし・女どうしが中華料理屋で、黒い麺を食べることになっているそうだ。

「バレンタインデー」への2件のフィードバック

  1. ブラックデーって、初めて聞いたけど、やな感じねぇ。
    みんな、素直に食べてんのかな?

  2. >acha
    「シングルが集まるその中華料理屋こそ出会いのチャンスじゃん!」と言ったんだけど
    そういうわけにもいかないらしいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です