writing

「英語で書くときと母語で書くとき、別人になるような感覚はありますか?」

今日から”writing”のコースが始まった。
(適当な訳語が見当たらない…)

academic writing(これも…)については、K州にいた時に聴講していたESLである程度やったけど、今回は“切羽詰り度”が違う。
Writing Centerというサポートもあるが、ここのはあんまり評判がよくない。

Edu Dep.(教育学部)のサイトで生徒募集を見つけさっそく申し込んだ。

初日の今日はほぼ自己紹介と、”writing”についての経験や意見交換。

講師のLは不思議な縁で雑誌の編集を始め、literacy volunteer(識字…なんとか?)がきっかけで教育に移行。
現在はベテラン編集者として活躍しながら小学校でも教え、私と同じプログラムの修士課程をまもなく終える。

Lに言われて気づいたが、この修士課程でのwriting教授法は子どもの作文程度のものしかなく、大人に学術的なテクニックを教える場がない。
というわけでこのコースは、Lのindependent study(「自主研究」?苦しい)で、単位はないがお金もかからない。
私たちにとっては渡りに舟だ。

私は自己紹介の中で、「書くことは好きなのでブログをいくつか持っていて、まめに更新している」ことと、「書くことで頭の中が整理されること」を述べた。

そこで冒頭の質問が出た。

英語生活の方が長くなっている人は、「もう母語で書くことはできなくなった」。
数年未満の人は「母語で考えてから訳す」。
え、そうなの?
どっちにしても考える時の言語は1種類ってこと?

出国前にKさんに話した時にも驚かれたが、私は普段から何か考える時に、英語の場合と日本語の場合とがある。
Lに「話題による?誰に向けて書く(言う)かによる?」とKさんと同じ質問をされたがよくわからない。

英語で考えたことは英語で出した方が早いし、日本語の方がしっくりいくなら日本語。
要するに楽な方、楽な方へ。
その場に適さない場合は訳して出すしかないが、翻訳能力は↑のひどい訳語をご覧のとおり。

最近はあたりまえだけど英語漬けの生活なので、バランスをとるためにも、ブログは日本語で書くようにしている。

母語とはいえ胡坐をかいているわけにはいかない。
外国に住んでいるならなおさらだ。
日本語で書こうとしないと“日本語で考える力”が衰える。
実際、こちらに来てからのことはすべて英語で展開されているので、日本語で表そうとすると結構なトレーニングになる。

う~ん、伝わるかなぁ?
まだまだだなぁ…。

「writing」への4件のフィードバック

  1. 伝わってくる、伝わってくる。両言語を融合させようとする気持ちが。
    私も英語モードのときと日本語モードのときが基本的に分かれている気がする。
    だから、両言語を頭の中で走らせる通訳はかなりつらい。英会話の方が楽だわぁ。
    特に、感情表現はどちらかでしか表せないこともあるよね。

  2. >acha
    共感していただけてありがたいです。
    感情表現は本当にそう!
    だから外国語を学ぶとかゆいところに手が届きやすくなると言うか、
    自分の感情がより細かく分析できるようになる気がする。

  3. ご無沙汰です。
    以前にそんな話したね。私は英語を使うシチュエーションなら英語だし日本人なら日本語。話題によってという使い分けはできないなあ多分。でもたまに感情的になって英語で叫んでるときってあるけど。←もちろん一人の時(笑)。
    その言葉の持つニュアンスを実感しちゃうと確かに日本語ではちがう〜っていう状況もあるよね。
    考えるのって言葉なんだろうか、映像なんだろうか・・・
    よくわからない。でもバイリンガルの子供で主言語がないとどちらの思考も浅くなってしまうということは聞いたことがあります。

  4. >kana
    映像!うん、そんな可能性もありますね。
    ちなみにバイリンガリズムについての私の意見は「日本人でよかった」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です